キャッシングの際に必要となる本人確認

キャッシングの審査では、必ず本人確認が行われます。第三者が偽って不正にお金を借りることがないようにと、金融機関は慎重に本人確認をするのです。

具体的には本人確認では、申し込み用紙に記入した名前と住所とが正しいかどうかが、運転免許証やパスポートなどを使ってチェックされます。どちらにも、本人の正確な名前と住所とが明記されているからです。これら以外にも、住民基本台帳カードや在留カードなども、本人確認書類として利用可能です。これらのコピーや画像ファイルを提出し、間違いなく本人と認められれば、審査が一歩前に進むことになります。

しかし中には、引っ越しなどによりこれらの住所と現住所とが異なっているというケースもあります。この場合は、現住所が記載されている住民票の写しや印鑑証明書も併せて提出する必要があります。

さらにキャッシングの審査では、申し込み用紙に記入した電話番号が正しいかどうかも確認されます。金融機関のスタッフがその番号に電話をかけ、本人が応答するかどうかを確かめるのです。何度かけても本人が応答しない場合、それだけ審査に時間がかかることになります。そのためスムーズにキャッシングをしたい場合には、素早く応答できるように準備しておくことが大事です。